人間中心のAI:第2回仏独日シンポジウム

© DWIH Tokyo

2020年11月16~20日、在日フランス大使館とドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)は、人工知能研究開発ネットワーク(AI Japan R&D Network)と共同で「人間中心のAI:第2回仏独日シンポジウム」を実施しました。完全オンラインで開催された本シンポジウムでは、参加者や講演者は自身のアバターを用いて、会議場や分科会会場だけでなくバーチャルのビーチでもネットワーキングを楽しみました。

本シンポジウムは素晴らしい数字で幕を閉じました。3カ国からの講演者100人、登録者数1000人以上、ソーシャルメディアでのインプレッション数は400万を超えました。最終日には、参加者自ら「AI Collaboration Aimed at Tackling Planetary-scale Problems in the Anthropocene」と題した共同声明を発表しました。

イベントティーザー

イベントティーザー

ビデオを再生するには画面をクリックしてください。再生すると、ビデオ提供者に情報が共有されます。 Youtubeで見る

5日間にわたって、3か国の高官による各国のAI戦略の紹介や、「人間中心のAI(Human-centric AI)」の具体的な意味合いについて議論したパネルディスカッションなど、AIに関する様々なトピックが扱われました。さらにプレナリーセッションでは、「Trustworthy AI」、「AI & Covid-19」、「Geopolitics of AI」などのトピックが取り上げられたほか、将来性が見込まれるAIスタートアップ企業が参加したピッチも行われました。シンポジウムではキックオフイベントも開催され、ANR(フランス国立研究機構)、DFG(ドイツ研究振興協会)、JST(科学技術振興機構)の3つの機関が共同出資する9つの仏独日研究プロジェクトが発表されました。各セッションの録画はこちらからご覧下さい。

また参加者は、環境トピック(AI & AgricultureAI & Risk PreventionFrugal AI)、社会トピック(AI & DemocracyAI & LawAI & Education)、技術トピック(AI & Health CareHPCHuman-Machine Interaction)の9つのパラレルセッションのうち3つを選択して参加することができました。

本シンポジウムは、2018年にDWIH東京が主催およびフランス大使館が共催した「第1回人工知能に関する日独仏合同シンポジウム」のフォローアップとして開催されました。

プログラム(英語):人間中心のAI:第2回仏独日シンポジウム 

#AI_FrGeJp の投稿:TwitterLinkedIn / Facebook

LinkedIn イベントページ:こちら

ご挨拶:イナ・レーペル駐日ドイツ連邦共和国大使

ご挨拶:イナ・レーペル駐日ドイツ連邦共和国大使

ビデオを再生するには画面をクリックしてください。再生すると、ビデオ提供者に情報が共有されます。 Youtubeで見る

ご挨拶:ジョイブラート・ムカジーDAAD会長

ご挨拶:ジョイブラート・ムカジーDAAD会長

ビデオを再生するには画面をクリックしてください。再生すると、ビデオ提供者に情報が共有されます。 Youtubeで見る