事業目的とサービス

© iStockphoto

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム(DWIH)東京は、ドイツの大学、大学以外の研究機関、そして日本の研究開発活動に重点を置く企業によるフォーラムです。

DWIHはドイツを科学、研究及びイノベーションの拠点として認識、そして推進しています。そしてドイツと日本の科学、研究、およびイノベーションの状況についての知識交換を支援し、両国の当事者と連絡を取り合うことで、研究協力のための契機を作り上げます。日本とドイツとを学際的に双方向で繋ぎ、今後の課題に向けた交流を提唱します。そのため、DWIHはドイツの研究開発志向型パートナーに現場でのDWIHの仕事の進行と形成を委ねています。

DWIH東京は、5つの拠点からなる世界的なネットワークに属しています。

日本とドイツの研究機関、大学、日本の研究開発活動に重点を置く企業、そして関心を持つ一般市民などに交流と協力のためのプラットフォームを提供しています。2010年に設立されて以来、ドイツ外務省の支援を受けています。2017年以降はドイツ学術交流会(DAAD)の傘下となりました。

活動とサービス

交流とネットワーク

DWIH東京は、イノベーションと研究の中心的トピックについての専門的イベントを企画しています。大学とそれ以外の研究機関、仲介組織、資金調達機関、研究開発志向型企業など、科学とビジネスにおける当事者が交流するプラットフォームとしての役割を担っています。DWIHは研究競争を通じて、ドイツと日本のイノベーター間の交流と相互関連性の強化を後押ししています。

サービスと助言

DWIH東京は個別に相談にのることで、有意義な関係を生み出すことを図り、確固たる連携プロジェクトの構築を支援しています。DWIHは、ドイツの研究及びビジネスサポーターをはじめとする当事者による、日本での研究マーケティングに関するイベントや活動の企画を支援しています。

情報、広告、およびマーケティング

3カ国語対応のウェブサイト(www.dwih-tokyo.org)と電子版ニュースレターを通じて、DWIH東京は日独の科学、研究、およびイノベーションの動向に関する最新情報をお届けしています。また、ソーシャルメディアを通じて最新のイベント、資金調達機会、共同事業などに関する発表などを発信しています。