トピック

ドイツ 科学・イノベーションフォーラム(DWIH)東京は、イベント、ネットワークづくりを通して、日本、ドイツ、および第三国の科学者(研究者)の共同研究や意見交換を支援しています。テーマは、日独のサイエンス・テクノロジーおよびイノベーション戦略の中から選定されます。さらに、毎年選ばれるDWIH5拠点共通のテーマにも重きを置いて取り組んでいます。

Hirnforscherin mit Tablet © iStockphoto
2019年のDWIHにおける年間テーマ

人工知能

人工知能は、これからの私たちの暮らし、仕事、趣味などに大きな革命をもたらします。DWIH東京では、ドイツのイノベーションと日本の専門家を引き合わせ、機械学習、人間とコンピュータの相互作用、リアルタイムな刺激を認識しそれに反応することのできる知能システムの創出などの課題への取り組みを支援しています。

さらに詳しく

© iStockphoto
2018年のDWIHにおける年間テーマ

デジタル世界における革新的な働き方

デジタル・イノベーションは実社会を根本的に変革させています。デジタル化がドイツ国内の仕事にどのような意味を持つかに関する議論や、当テーマについてDWIHが主催したイベントなど、関連する様々なリソースを集めました。

さらに詳しく

© iStock

自動運転

自動運転はAIに続き、ドイツと日本の技術協力において優先度の高い分野です。センサーや複雑な車体の相互作用システムのシミュレーションといった技術的要素も、ヒューマンファクターと同じように、自律走行車による交通の安全性と効率性を高めるには不可欠です。

さらに詳しく

© iStock

ナノテクノロジー

工業的に製造されたナノ粒子は、例えばITおよびエレクトロニクス、自動車工学、ロボット工学または携帯用センサーなどの幅広い製品に使用されています。日本とドイツは伝統的にこの分野の研究において影響力があり、市場性のある解決策を促進するために共に協力しています。

さらに詳しく

上に戻る