インダストリー4.0:生産の未来

© iStockphoto

主としてデジタル化によって進められる第四次産業革命の結果のうち、全世界でますます重要な役割を果たしているものはなんでしょうか?「インダストリー4.0」と称される今回の産業革命は、一方では生産が最先端の情報通信技術と密接に織り合わさったスマートな、デジタルで相互に繋がったシステムをもたらします。同時に、仕事の再編のためのチャンスも提供します。たとえば機械は肉体的にきつい作業を引き受けるでき、もっと柔軟で家族に優しい就労時間規定を実現させます。 

過去の進歩は、蒸気機関、コンベヤーベルト、電力や情報技術の使用といったイノベーションのおかげで、大きな躍進を遂げることができましたが、今日のインダストリー4.0はスマート・ファクトリーによって特徴づけられます。これは、人、機械、システム、物流、そして製品が互いに通信を行い、直接協力し合うような、大幅に自動化された生産プロセスを可能にするデジタルネットワーク化されたシステムに基づくものです。これにより、さらに効率的で柔軟性の高い生産が可能になります。情報がすべてリアルタイムで入手できるようになると、企業はたとえば、具体的な原材料の在庫に対して適時に反応することができるようになります。企業全体を通じての生産フローを資源やエネルギーを節約するように設計することも可能です。

Plattform Industrie 4.0を通じて繋がる

ドイツの「Plattform Industrie 4.0」は、生産プロセスデジタル化についての対話を促進し、国際的な交流の重要性を強調しています。たとえば、日本のロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)や、米国企業のIBMやゼネラル・エレクトリックなどによって設立されたインダストリアル・インターネット・コンソーシアムICC)などと協力しています。「Plattform Industrie 4.0」「Alliance Industrie du Futur」、「Piano Industria 4.0」の独仏伊の協力パートナーは、デジタル化を中小企業にとってもっと利用しやすいものにするため、三カ国における応用例を集めています。

ドイツ産業連盟(BDI)の会長であり、Plattform Industrie 4.0のマネジメント・メンバーを務めるディーター・ケンプ教授は、ドイツ政府による2017年デジタル・サミットの場で次のように主張しました。

「『インダストリー4.0』という言葉が示す経済や社会における日常生活にとってのデジタル変革の可能性は、生産性や競争力の向上や新しいビジネスモデルなど、計り知れないチャンスをもたらします。私たちはこの潜在力を引き出さなくてはなりません。そのための最善の方法は、国際的なパートナーとの交流です」
ドイツ産業連盟(BDI)の会長であり、Plattform Industrie 4.0のマネジメント・メンバー (Prof. Dieter Kempf)