再考される働き方

© Fraunhofer IAO

産学官にまたがる協力の輪を広げ、革新的な働き方を実現するための国際的な展開に注目しています。

  1. 「将来の働き方」 
  2. 非常に実践的な傾向の大学 
  3. ビジネスと科学の世界のイノベーション・リーダー 

デジタル化に国境はありません。それは教育や労働の世界を包含し、全世界における将来の発展を形作るものです。ドイツでは、デジタル化の機会と課題に関する総合的な議論が展開されており、その過程で国際的なパートナーとアイディアと経験を共有しています。 

ブラジルに当てられるスポットライト

2018年ブラジル科学年に行われた2つの大きなイ ベント、すなわち第70回ブラジル科学促進協会 (SBPC)年次会議と、科学、研究及びイノベーシ ョンに関する第7回ドイツ・ブラジル対話で、参 加者は労働、研究、教育などの分野におけるデジ タル化の行方を模索しました。いずれのイベント も、ドイツ外務省の出資によりドイツ 科学・イノ ベーションセンター(DWIH)サンパウロが主催 したものでした。

「ドイツは高度に工業化された生産性の高い国で、『インダストリー4.0』も既に非常に進んでいます」と、ブラジルのフラウンホーファー連絡事務所長のロナルド・ダーシャ(Ronald Dauscha)氏は、DWIHサンパウロによるインタビューに答えています。この南米の国では人々はデジタル化に対して依然として少し懐疑的であると説明した上で、ダーシャ氏は「最近になって公共部門はこの問題に関して多くの研究を委託しています。ブラジルはこの歴史的チャンスを逃したくないと考えているのです」と付け加えました。 

「将来の働き方」

世界のDWIHネットワークが、実社会での仕事のありようの将来にわたる変化を捉えようとしていることは偶然ではありません。DWIHは国際的・学際的な交流のための組織です。「ドイツの大学、大学以外の研究機関、そして研究開発志向型企業を戦略的な拠点として相互に繋げることが、DWIHの特長の一つです」と、DAAD会長のマーガレット・ウィンターマンテル教授は言います。そして、実社会のデジタル化は多くのレベルで重要になってきており、工場や生産プロセスなどに非常に具体的な結果をもたらす一方、常に熟考や積極的関与といったプロセスをも必要とします。   

2018年ドイツ科学年は「将来の働き方」をテーマに掲げ、たとえばサイバー・フィジカル・システムや、外来診療におけるデジタル支援学習などについて話し合われる数多くのイベントが開催されました。ドイツの連邦教育・研究省(BMBF)が発表した新しい「将来の働き方」計画では、デジタル化された実社会における社会的イノベーションに着目し、「明日のデジタル実社会においてどのようにして雇用を守り、労働環境を改善し、生産性を向上させるかについて実例を示すようなプロジェクトを推進する」とされています。 

非常に実践的な傾向の大学 

労働の未来についてはドイツの大学でも分析され熟考されているだけでなく、実践的なシナリオで試行され、研究されてもいます。たとえばRWTHアーヘンでは「インダストリー4.0」の原則を描き出しています。他の大学や産業界などのパートナーと協力し、本物の工場を前提としたシート素材の開発過程が再現されています。ブラウンシュヴァイク工科大学のオープン・ハイブリッド・ラボ・ファクトリー(Open Hybrid LabFactory )研究キャンパスでは、産業界のパートナーとの密接な協力のもと、革新的な軽量建築のコンセプトが生まれています。開発プロセスは高度な自動化と、人間とロボットの協力に関する実用試験を伴うものです。   

一方ドルトムント工科大学は、主な社会科学研究プログラムを通じて工業労働の新たな形を探っています。たとえば、労働者に求められる資格はどのように変わっていくでしょうか? ドイツ研究振興協会(DFG)が支援する「生産労働の変化」という研究プロジェクトを率いるハルトムート・ヒルシュクラインゼン(Hartmut Hirsch-Kreinsen)教授は、デジタル化によってもたらされる機会を次のように強調します:「短期的には自動化によって仕事に余剰が生み出されたのも事実ですが、これは常に新しい仕事の創出によって相殺されてきました。将来的にも同じことが繰り返されると考えない理由はありません」。ヒルシュクラインゼン教授は、人間と機械との関係を決定するのは自動化ではなく、「この技術がどのように実践されるかについての政治的・社会的な判断」であると考えています。

オープン・ハイブリッド・ラボ・ファクトリー

ブラウンシュヴァイク工科大学のオープン・ハイブリッド・ラボ・ファクトリー(Open Hybrid LabFactory )研究キャンパスでは、産業界のパートナーとの密接な協力のもと、革新的な軽量建築のコンセプトが生まれています。開発プロセスは高度な自動化と、人間とロボットの協力に関する実用試験を伴うものです。

ドイツでは、この問題については政治的なレベルでの取り組みが行われています。2017年に発行された「デジタル変革のガイドライン」の中で、ドイツの連邦経済エネルギー省、 連邦労働社会省、そして連邦司法消費者保護省は以下を強調しています:「前向きな対応は、労働の世界におけるダイナミックな変革に向けて従業員を準備させ、彼らが自分たちの職歴を通じてその資格と雇用適正とを維持できる構造を創り上げることを伴うものである」。企業が自動化、ロボット化、そして人工知能の活用などを責任をもって実施できるかについては、連邦経済開発協力省と連邦外務省が大部分の資金を提供する2018年のドイツ・グローバル・コンパクト・ネットワークの会議の場でも話し合われました。 


ビジネスと科学の世界のイノベーション・リーダー
 

労働の未来は、分野横断的なアプローチを必要とする課題です。ビジネスや科学の世界のイノベーション・リーダーによる連携が上手くいき、彼らに対して肯定的な政治的枠組みが提供されれば、これらの課題を克服することは可能です。その好例が、シュトゥットガルト‐トゥービンゲン地域に創設された人工知能の分野におけるヨーロッパ最大の連携研究プロジェクトの一つであるサイバーバレーです。  

バーデンヴュルテンベルク州の資金により創設されたサイバーバレーは、Amazon、BMW、ボッシュなどの国際企業の活動、シュトゥットガルトおよびトゥービンゲンの大学やマックス・プランク知能システム研究所による研究などを融合させ、相互に繋いでいます。「サイバーバレーは、我々のデジタルの世界の未来を築く土台として設計されています」と、マックス・プランク学術振興協会のマーティン・ストラットマン(Martin Stratmann)会長はイノベーション・センターの開設にあたって述べています  

「最高峰の若い科学者たちの才能を集めて磨くだけでなく、人々との対話が行われる場を作ることを望んでいます。デジタルの未来は我々すべての人間に影響するのですから」 
マックス・プランク学術振興協会のマーティン・ストラットマン(Martin Stratmann)会長