《公募》2020年度日独若手専門家交流 Junior Experts Exchange Program 2020

© DAAD/Liesfeld

日独若手専門家交流事業は、日独間の研究における相互の関心を高め、日独の研究機関のネットワーク構築や研究者同士の交流を促進することを目指しており、日独両国が科学分野を専門とする研究者や専門家を日独両国が相互に招へいする事業です。

ドイツの日独ベルリンセンターが実施団体である本事業では、日本人研究者がドイツの産官学の研究機関を視察訪問し、現地の研究者と医療バイオテクノロジー(特に癌とアルツハイマー)に関する意見交換等を行います。視察訪問先の選定に関しては、各参加者の専門分野等が考慮されます。研修旅行プログラムの最後には、過去に本事業で日本を訪問したドイツ人若手研究者と合同ワークショップの開催を予定しております。

プログラムの詳細はこちらからダウンロードできます。

Junior Experts Exchange Programme 2020

Junior Experts Exchange Programme 2020 Schedule

Junior Experts Exchange Programme 2020 Application Form

2020年度のプログラムについて

本年度のプログラムの募集人数は最大8名であり、6月13日~21日に行われます(日本着は6月22日)。応募締め切りは4月15日となっております。この分野におけるドイツでの研究状況に関心のある方は、奮ってご応募下さい。

応募資格や費用など、詳細はこちらをご覧ください。