スポーツ、仕事、リハビリ支援などに使えるスマートアパレル

© DFKI

Xenoma、wearHealth、DFKIの提携が、スマートアパレルによる磁気探知器を使わないモーションキャプチャを実現する

 

Xenoma、カイザースラウテルン工科大学の研究グループであるwearHEALTH、およびドイツ人工知能研究センター(DFKI)は共同で、スマートアパレルと高度なモーションキャプチャ技術とを組み合わせた技術の開発にあたっています。この技術は、スポーツ、健康管理、産業など様々な場面でのウェアラブル・センサーの活用に直ちに応用することができます。  

このシステムには、それぞれDFKIとwearHEALTHが開発したセンサー較正と磁気探知器を使わないモーションキャプチャ・アルゴリズムが含まれ、それらをXenomaのスマートアパレル「e-skin」と組み合わせることで、日常生活の中でのソリューションを創り上げることができます。リハビリ、スポーツ、労働安全、その他詳細で堅牢なモーションキャプチャ技術が必要とされる場面に幅広く応用することが可能です。

wearHEALTHを率いるガブリエレ・ブルサー(Gabriele Bleser)博士は、「ゼノマのハードウェアは、センサー技術と衣服の素晴らしい統合を示すもので、知能技術を実際に毎日使う普段着のように着ることができます」と言います。

動画:Xenomaのe-skinパンツを使った、磁気探知機を使わない下半身トラッキング

記事全文:

2019年1月3日発表のDFKIのプレスリリース

記事全文の日本語訳(DFKIの許可取得済み)