クリスティアン・ドロステン教授 周知功労賞の特別賞受賞

© DAAD Tokyo/iStock.com/webphotographeer

ドイツ研究振興協会(DFG)がドイツ研究財団連盟と共に毎年授与している周知功労賞とは別に、2020年の今年は今回一度限りの特別賞が設けられ、シャリテ・ベルリン医科大学のクリスティアン・ドロステン教授に賞金50,000ユーロが贈られることになりました。

ドロステン教授は新型コロナウィルス感染拡大下において、研究者としての見解を明確に伝え、短期間にもかかわらず多くの市民からの信頼を得て、また連邦政府に対して専門的な助言を行っています。優れたコミュニケーションを通じ、科学が政府と社会に貢献できることを模範的に示しているとして、その功績が称えられました。

日本語による概要

2020年4月24日付ドイツ研究振興協会(DFG)による記事(英語)はこちら

2020年4月20日付ドイツ研究振興協会(DFG)プレスリリース(英語)はこちら