The Future of Work in Industry 4.0 & Society 5.0

© DWIH Tokyo

3月31日、DWIH 東京は4名のパネリストを招き、初の完全オンラインイベントを開催しました。インタラクティブなウェブトークとして、視聴者は質問やコメントを投稿してパネルディスカッションに参加しました。YouTubeのライブストリーミング配信を通じて、日本とドイツから150名以上が視聴しました。

最初に講演を行ったマルティン・ポール氏(在日本ドイツ連邦共和国大使館 厚生労働参事官)は、「インダストリー」の中で、日本とドイツにおける未来の働き方の背景について説明しました。ポール氏は、日本とドイツとでは政策アプローチが異なるものの、たどり着く未来はあまり変わらない可能性がある点を指摘しました。次に、マティアス・パイスナー氏(フラウンホーファー労働経済・組織研究所(IAO))による講演「AIと仕事 – 私たちはいかにして人間と機械の協働を作り出すか(AI and Work – How We Can Shape the Collaboration between Man and Machine)」では、人間と人工知能(AI)が連携している実例として、ドイツの研究プロジェクトが紹介されました。また、EUが作成した信頼できるAIのためのガイドラインについて触れ、EUにとって、AIをめぐるさまざまなトピックの中でも倫理的問題は避けることのできない最優先課題であることを強調しました。

3番目には、辻井潤一氏(人工知能研究センター(AIRC)センター長)が、「AIと人間で作り出す共存、協力、共進化(Co-existence, Co-operation and Co-evolution between AIs and Humans)」と題して講演を行い、日本においてAIと人間との協働についてどのように概念化されているか、AIRCの研究プロジェクトを引き合いに、見解を述べました。最後に、江間有沙氏(東京大学未来ビジョン研究センター)が4番目の講演「ソサエティ5.0において人間と人工知能の協働に関する倫理的課題(Ethical Questions Concerning the Collaboration of Human and Artificial Intelligence in Society 5.0)」で、人間にとっての未来の働き方に焦点を当てました。江間氏は、AIが人間の仕事をすべて奪う可能性は低いことを論じると同時に、AIの進化がもたらす変革に着目して、私たちが理想とする社会はどのようなものかという根本的な問いを投げかけました。

続く40分間のQ&Aセッションでは、プログラムマネージャーのラウラ・ブレーケン氏(DWIH 東京)がモデレーターを務めました。視聴者からは、倫理課題に対する日本とドイツにおけるアプローチの違いといった一般的なものから、データセキュリティに関する問題、経済格差による失業および社会的不公平の防止といった一歩踏み込んだ内容にいたるまで、多岐にわたる質問が寄せられました。また、労働環境と社会の変化が今ほど急激で容易に観測できたことはかつてないことから、新型コロナウイルスの感染拡大が、日本とドイツにおける未来の働き方にどのような影響を与えるのかという質問も上がりました。

ライブストリーム動画へのアクセス: https://www.youtube.com/watch?v=QgVCjulSXLY

プログラム & プレゼンテーション資料