カリチェック大臣訪日:人工知能に焦点

© iStock

日本を訪れたドイツ連邦教育・研究大臣は、AIとデジタル化を研究政策と日独協力の将来に関する政治的対話の軸に据えました。

2019年4月16日、ドイツ連邦教育・研究省(BMBF)のアンヤ・カリチェック大臣は東京で経済産業省(METI)の石川昭政政務官と会談し、「高度なAI研究開発の推進における日独協力に関する共同声明」に署名しました。

共同声明はAIを全世界の生産とバリューチェーンに影響を及ぼす重要な技術と捉え、日本の産業技術総合研究所(AIST)とドイツ人工知能研究センター(DFKI)という両国のAI研究の国立機関の協力を歓迎するものです。

カリチェック大臣は、AI研究を進めデジタル化を現在の労働環境に応用していくにあたって、人間中心のアプローチと日独両国が共有する価値観の重要性を強調しました。ドイツ連邦政府は2018年11月に、そして日本政府は2017年に、それぞれAI戦略を発表しました。日本は2019年6月のG20サミットに先駆けてこの戦略を改定する予定です。

ドイツ研究振興協会(DFG)会長、フラウンホーファー研究機構(FhG)所長、ライプニッツ協会(WGL)会長、ヘルムホルツ協会ドイツ研究センター(HGF)所長などを含む教育・研究省の代表団を率いて来日した大臣は、その後平井卓也内閣府特命担当大臣(科学技術政策)及び柴山昌彦文部科学大臣と政策対話を行いました。

詳しくは以下をご参照ください:

BMBFプレスリリース039/2019、2019年4月15日(ドイツ語のみ)

高度なAI研究開発の推進における日独協力に関する共同声明、METI及びBMBF、2019年4月16日