AI for SDGs - 環境問題の解決に向けた人工知能(AI)の活用とは?

© iStock

イベント情報

2019年10月24日, 10:00 から 18:15まで

ドイツ文化会館1階 東京都港区赤坂7-5-56
主催者: ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)、在日フランス大使館、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)

日本、ドイツ、フランスから150名を超える参加者を迎え、当コンファレンスは無事終了いたしました。ご協力いただきました皆様に、感謝申し上げます。

尚、イベント関連下記資料は、当ウェブサイトに後日掲載予定です。

ツイッター上でも、上記資料更新のお知らせを行ってまいります。


 

日独仏合同コンファレンス
AI for SDGs – 環境問題の解決に向けた人工知能(AI)の活用とは?

地球温暖化が進み、水資源、気象、自然災害に対する気候変動の影響が深刻化している今日、その対策についての議論が白熱しています。また、IT技術の向上とともに、産・学・官の分野で、環境保護のためにIT技術を活用する新たな手段が模索されています。人工知能(AI)を、気候変動の解決、持続可能な都市の発展、クリーンエネルギーの供給にむけてどのように役立てられるかを議論することがますます重要になってきています。

2015年の国連サミットにおいて、持続可能な開発目標(SDGs)が採択されました。17の目標のうち下記の5つの目標が、我々人類に地球環境悪化防止のための行動を積極的に取るよう呼びかけています。
(7)エネルギーをみんなに そしてクリーンに
(11)住み続けられるまちづくりを
(13)気候変動に具体的な対策を
(14)海の豊かさを守ろう
(15)陸の豊かさも守ろう

10月24日(木)の国連デーに開催されるこのコンファレンスでは、ドイツ、日本、フランス三ヵ国からの専門家が東京に集い、環境問題に対してAIがもつ可能性についての講演及び意見交換が行われます。テーマは、持続可能な土地利用、スマート農業、スマートシティ、スマート交通システムなど様々な分野に及びます。

当コンファレンスは一般公開となっております。
産学官の専門家の方々から一般の方々まで、ぜひふるってご参加ください。

主催: ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)
共催: 在日フランス大使館、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
賛助: ドイツ外務省、ドイツ連邦教育研究省(BMBF)
後援/協力: 独立行政法人日本学術振興会(JSPS)、東京大学未来ビジョン研究センター

言語:   英語(日本語同時通訳付)

ライブストリーミング配信を行います。コメント&質問ツールをご用意しますので、オンラインでディスカッションに参加しましょう!

なお、当コンファレンスは、2018年に開催した「人工知能 – 国家間における研究及び応用:第1回人工知能に関する日独仏合同シンポジウム」のフォローアップイベント第1弾として、また日独仏人工知能分野における協力に関する共同声明の具体的アクションとして開催されるものです。

プログラム

ダウンロード[PDF; 180 KB]

10:00 – 10:15 Opening Remarks & Greetings

Dorothea MAHNKE, Director, German Centre for Research and Innovation Tokyo (DWIH Tokyo)
Ina LEPEL, Ambassador-Designate of the Federal Republic of Germany in Japan
Laurent PIC, Ambassador of France to Japan
Dr. Yoshimasa GOTO, Vice President, Japan Science and Technology Agency (JST)

10:15 – 11:15 Session 1: National AI Strategies & Environmental Challenges: How to Implement Them?

Chair: Dr. Yuko HARAYAMA, Former Executive Member of the Council for Science and Technology Policy, Cabinet Office, Government of Japan; Professor Emeritus, Tohoku University

“Localizing SDGs – Circulating and Ecological Economy –”
Dr. Kotaro KAWAMATA, Director, Environmental Policy Bureau, Ministry of the Environment, Government of Japan
“German AI Initiatives – Using Digital Technologies for Sustainable Solutions”
Dr. Lothar MENNICKEN, Counselor, Science and Technology, Embassy of the Federal Republic of Germany in Japan
“Making the Digital and Environmental Transitions Converge”
Renaud FRANCOU, Foresighter, Author, Former Project Manager at Fondation Internet Nouvelle Génération (FING), France

11:15 – 11:30 Coffee Break
11:30 – 13:00 Session 2: AI Applications to Tackle Climate Change – Sustainable Land Use & Smart Agriculture

Chair: Prof. Dr. Wolfgang KETTER, Director of the Institute of Energy Economics and Chaired Professor of Information Systems, University of Cologne

“AI in Agriculture for Tackling Environmental Challenges”
Prof. Frédérick GARCIA, INRA research director, MIA (Applied Mathematics and Informatics), INRA, Toulouse
“Smart Agri-Food Industry for Climate Change Mitigation/Adaptation in Japan”
Dr. Eisaku SHIRATANI, Vice President, National Agriculture and Food Research Organization (NARO), Japan
“AI Applications – Leading the Way to an Environment Controlled Agriculture!?”
Prof. Dr.-Ing. Cornelia WELTZIEN, Director, Leibniz Institute for Agricultural Engineering and Bioeconomy (ATB); Professor, Technical University Berlin (TUB)

13:00 – 14:15 Lunch (Sustainable Catering / “Mottainai Catering”)
14:15 – 15:45 Session 3: AI Applications to Tackle Climate Change – Smart Cities & Smart Homes

Chair: Prof. Dr. Arisa EMA, Assistant Professor, Institute for Future Initiatives, The University of Tokyo

“(R)evolutions in Mobility: A CASE for Using AI and Smart Markets to Create Sustainable Cities”
Prof. Dr. Wolfgang KETTER, Director of the Institute of Energy Economics and Chaired Professor of Information
“AI for Smart Buildings”
Prof. Christophe CÉRIN, Professor in Computer Science and Engineering, LIPN, CNRS UMR 7030, Université Paris 13
“AI-Based Innovation to Tackle Climate Change: Technological Opportunities and Institutional Challenges in Smart Cities in Japan”
Prof. Dr. Masaru YARIME, Associate Professor, Division of Public Policy, Hong Kong University of Science and Technology; Visiting Associate Professor, Graduate School of Public Policy, The University of Tokyo

15:45 – 16:15 Coffee Break
16:15 – 18:00 Panel Discussion: AI Game Changers for the Earth – Challenges, Risks & Future Opportunities

Chair: Prof. Christophe CÉRIN, Professor in Computer Science and Engineering, LIPN, CNRS UMR 7030, Université Paris 13

“Virtual Power Plant (VPP) Demonstration Project Activities of Tohoku Electric Power and NEXT Kraftwerke”
Jochen SCHWILL, CEO, NEXT Kraftwerke, Germany
Hirobumi WADA,General Manager, Office of Digital Innovation Promotion, Tohoku Electric Power Co., Inc.
“How Can Machine Learning Algorithms Be Used to Develop Innovative Climate Service Products?”
Dr. Peter HOFFMANN, Senior Scientist, Climate Service Center Germany (GERICS), Helmholtz-Zentrum Geesthacht
“Towards the SDGs with Ocean Renewable Energies; Application of AI in Reducing the Uncertainties for a Sustainable Development”
Prof. Dr. Bahareh KAMRANZAD, Assistant Professor, The Hakubi Center for Advanced Research, Kyoto University
“New Multi-Source Data and Machine Learning Challenges in Earth Sciences and Environmental Change Hazard Monitoring”
Prof. Dr. Jean-Pierre VILOTTE, Scientific Deputy for Intensive Computing and Data at the CNRS-INSU ; Director of
the Parallel Computing and Data Analysis Centre at Institute de Physique du Globe de Paris

18:00 – 18:15 Concluding Remarks

Prof. Dr. Arisa EMA, Assistant Professor, Institute for Future Initiatives, The University of Tokyo

 

プログラム冊子
ダウンロード [PDF; 2110 KB]