ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン

1818年に創立されたライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボンは、今日では博士課程含む約3万9千人の学生、6500人の職員、世界に広がる約20万人の同窓生で構成される大規模な学術コミュニティとなっています。

また6大陸で70以上の提携校、約1万におよぶ二国間プロジェクトの研究パートナー、国連、そして数多くの教育・研究機関、企業、団体を通じてグローバルなネットワークを有しています。ボン大学の方針は非常に国際的で、専攻の選択肢も幅広い最新の研究大学となっています。学部は7つあり、農学から歯科学まで学ぶことができます。ボン大学には古典的な専攻と並んで超学際的な研究領域も存在します。分野の異なる最先端の知識を持った研究者たちが、現代の科学的・社会的課題の答えを見つけ出すため、それぞれの専門知識を集結します。大学の予算のおよそ三分の一は、ボン大学の研究者が科学の公募で獲得した助成金によるものです。この並外れた実績は、大学が連邦と州によるエクセレンス戦略で二つの最上級を得たことによります。2018年には6つのエクセレンス・クラスター、2019年にはエクセレンス大学の称号を獲得しました。そのためボン大学は 、この審査においてドイツ国内で最も成功している大学といえます。さらに過去30年間で2名のノーベル賞受賞者、2名のフィールズ賞受賞者を輩出したドイツ唯一の大学でもあります。しかしこれは驚くことではありません。優秀な人材にできる限り成長できる機会を提供するという戦略で、これまでに多くの賞や業績がもたらされました。