ミニシンポジウム「日本とドイツのエネルギー転換 – 政策・認識・実践」

© iStock

イベント情報

2020年2月17日, 13:00 から 17:00まで

日本科学未来館 7階、コンファレンスルーム土星
主催者: ハイデルベルク大学京都オフィス (HUOK)/共催:ドイツ 科学・イノベーション フォーラム東京(DWIH東京)

当イベントでは、エネルギー転換に関する日本とドイツ両国の技術的アプローチと社会問題について取り組みます。ゲストとして日本の研究を先導する大学の研究者とハイデルベルク大学環境研究センター(HCE)の代表者が登壇されます。

イベントまたは講演者に関する詳細は、こちらからご覧ください。
言語は、英語および日本語です。(同時通訳あり)

参加登録は、2020年2月10日までにinfo@huok.uni-heidelberg.deまでご連絡ください。

当イベントは、ハイデルベルク大学京都オフィス(HUOK)により、日本科学未来館の「どうする!?エネルギー大転換」展の関連イベントとして、ドイツ 科学・イノベーション フォーラム東京(DWIH東京)共催、日独6大学アライアンス(HeKKSaGOn)ハイデルベルク環境研究センター(HCE)の後援、日本科学未来館の協力により開催されます。

「どうする!?エネルギー大転換」展関連イベント:
トークセッション「今から始める! 『エネルギー大転換』~電気・家・車の選択~」

主催: ハイデルベルク大学京都オフィス (HUOK)
共催:
ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京 (DWIH 東京)
後援: 日独6大学アライアンス(HeKKSaGOn German-Japanese University Alliance)、ハイデルベルク環境研究センター(HCE)
入場料:
無料 ※日本科学未来館の常設展への入場は別途料金が必要です。
言語: 日本語、英語 (同時通訳あり)
申込み: 当日会場申込可(12:30より)
問合せ: info@huok.uni-heidelberg.de