ドイツの新たな科学技術・イノベーション政策

© iStock

ドイツの新連立政権は、科学技術・イノベーション(STI)推進のための野心的な目標を連立協定の中で提示しています。今回のDWIH Coffee Talkでは、安藤淳氏(日本経済新聞 編集委員兼論説委員)とヤン=マーティン・ウィアーダ氏(科学・教育ジャーナリスト、ドイツ)がゲストとして登場します。計画案の概要が説明された後、その案が有する可能性や日本との関連、日独共通の関心事項やイニシアティブについて議論が行われます。

本トーク内容を基に作成されたグラフィックレコーディング

高画質でご覧になりたい方は下記ボックス内のリンク「グラフィックレコーディング」をクリックしてください。

日時:2022年1月12日(水)日本時間17:00~18:00

言語:英語・日本語(同時通訳付き)

録画(日本語):https://youtu.be/_Khx73GvQs0

録画(英語):https://youtu.be/F8ZtnCNGriQ

ポッドキャスト(英語) Anchor / Apple PodcastSpotify / Google Podcasts

グラフィックレコーディング

イベント情報

2022年1月12日, 17:00 から 18:00まで

オンライン
主催者: ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)

【ゲスト】

安藤 淳
日本経済新聞 社編集局 総合解説センター 編集委員兼論説委員
プロフィール(日本経済新聞)

 

 


ヤン=マーティン・ウィアーダ
フリーランスジャーナリスト
ウェブサイト(ドイツ語) / LinkedIn / Twitter

 

 


 

【司会】

アクセル・カーペンシュタイン
ドイツ学術交流会(DAAD)上級調査研究担当官
プロフィール

DWIH Coffee Talkシリーズの全イベントはこちら