変わりゆく時代のファミリービジネス

© DWIH Tokyo

日本とドイツでは、ファミリービジネス形態の企業が全企業の90%以上、従業員の70%以上を占め、中には何世紀にもわたって続く、世界で最も長い歴史を持つ企業も含まれています。しかし、これらの企業は21世紀の課題にどう対処しているのでしょうか?成長の鈍化、収益の低下、出生率の低下、経済危機の頻発といった環境の変化の中で、その地位と個性を維持できるのでしょうか。

第3回目のDWIH Coffee Talkでは、ドイツ・日本のファミリービジネスや経済の専門家である、ウィッテン・ファミリービジネス研究所 (WIFU)のジグルン・カスパリ上級研究員、日本経済大学大学院の後藤俊夫特任教授、麗澤大学の永田雅啓特任教授をゲストにお迎えし、ドイツと日本の経済においてファミリービジネスが果たす役割、その変化、そしてファミリービジネスモデルの将来の可能性についてお話しいただきます。

日時:2021年5月11日(火)日本時間17:00~18:00
言語:英語・日本語(同時通訳付き)
第3回Coffee Talkのテーマに対する質問はこちら: https://app.sli.do/event/v4suib5w

録画(日本語):https://youtu.be/EcnDZehvYro

録画(英語):https://youtu.be/DNAI_UJk8aI

【イベントへのフィードバックにご協力お願い申し上げます】

フィードバックフォーム(日本語):www.daad.de/surveys/294534?lang=ja

フィードバックフォーム(英語):www.daad.de/surveys/294534?lang=en

イベント情報

2021年5月11日, 17:00 から 18:00まで

オンライン
主催者: ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)

【ゲスト】

ジグルン・カスパリ

ウィッテン・ファミリービジネス研究所(WIFU)上級研究員

プロフィール / LinkedIn / ResearchGate


後藤 俊夫

日本経済大学大学院経営学部特任教授

プロフィール / ウェブサイト / LinkedIn


永田 雅啓

麗澤大学国際学部グローバルビジネス学科特任教授

プロフィール/ 経歴(英語)


 

【司会】

アクセル・カーペンシュタイン

ドイツ 科学・イノベーション フォーラム 東京(DWIH東京)プログラム・マネージャー

プロフィール