ベルリン自由大学

1948年に当時西ベルリンだった場所で設立されたベルリン自由大学は、ドイツで最大かつ最も有名な研究機関の一つです。

32,000人以上の学生と4,000人の博士課程の学生が、人文科学、社会科学、そして自然科学のユニークな多様性を提供する合計11の学部で学び、教えます。さらに、ベルリン自由大学には、3つの学際的な研究所といくつかの大学院があります。2003年以来、ベルリン自由大学とフンボルト大学の医学部は、ベルリン医学学校Charitéの傘下になっています。

年間1000人以上の博士課程の学生と600人の留学生が学ぶベルリン自由大学は、国際的に最も有名で最も人気のあるドイツの研究機関のひとつです。

その高い学術的評判と卓越性は、ベルリン自由大学がドイツの優秀大学の1つになった2007年以来、さらに認知されています。国際ネットワーク大学としての地位を拡大するという戦略的概念は、研究と教育における国際化の優先順位が高いことの証明です。ベルリン自由大学は、カイロ、モスクワ、サンパウロ、ニューヨーク、北京、ブリュッセル、ニューデリーにグローバルネットワークとなる連絡事務所を設立し、世界中のパートナーと密接に取り組んでいます。ベルリン自由大学の博士課程の学生の3分の1以上が海外から来ており、毎年600人以上の国際的な客員研究者がベルリン自由大学で働いています。 このように、ベルリン自由大学は最も国際的に認められているドイツの研究機関のひとつです。

日本はベルリン自由大学にとって最も重要なパートナー国の一つです。11の日本の大学との包括的協定に加えて、5つの学部レベルのつながりと自然科学研究機構とヘルムホルツ物質エネルギーセンターとの三国間協定があります。さらに、ベルリン自由大学は、東アジア研究大学院、日本学科、そして自然科学、人文科学、社会科学の各部門を通じて、日本のパートナーと緊密な協力関係を維持しています。DWIH東京の関連サポーターとして、ベルリン自由大学は今後も日本での活動を拡大していきます。