ハイデルベルク大学・ハイデルベルク大学京都オフィス (HUOK)

ハイデルベルク大学京都オフィス(HUOK)は、ハイデルベルク大学の日本及び東アジアにおける海外拠点として2015年に開室されました。ハイデルベルク大学は、創立が1386年までさかのぼり、今日では特に従来の専門分野の区分を越えた領域横断的な研究が広く世界に知られ、国際ランキングではヨーロッパやドイツの中でトップクラスの評価を受けています。

ハイデルベルク大学京都オフィスは、ハイデルベルク大学内でも南アメリカや南アジア、アメリカ合衆国の拠点とともに、海外拠点の中で要となるネットワークに含まれています。東アジアにおける最初の拠点としてハイデルベルク大学の存在をアピールし、各種行事をとおしてハイデルベルク大学の秀逸な研究成果や優れた教育機会について情報を提供しています。

ハイデルベルク大学京都オフィスは、ハイデルベルク大学の提携大学や関連機関と協力して定期的な講演会や説明会などのイベントを開催、開催支援しています。これまでに定着したハイデルベルク大学と提携大学や研究機関との関係をより深め、またさらなる日本との研究・教育ネットワークを確立することを目指しています。

ハイデルベルク大学京都オフィスは、日独6大学アライアンス(HeKKSaGOn)の日本における連絡オフィスの役割を果たしています。HeKKSaGOnとは国際的に魅力的な研究環境を持ち、最高の教育に重きを置いた日独をリードする研究大学6校によるネットワークです。ハイデルベルク大学京都オフィスは、アライアンスに参加する日本側の提携大学と協力して新たな研究連携のための支援やHeKKSaGOnの共同行事などの開催をコーディネートしています。