日立製作所とドイツ人工知能研究センター(DFKI)は共同で、センサースーツのためのAIを開発しました

© DFKI

作業者のためのセンサースーツは物理的負荷を数値化し、作業を支援し危険な動きを防ぐにあたって効果的なフィードバックを得ることを可能にします。

DFKIと日立が開発した新技術は、各スーツのウェアラブルデバイスから直接測定を行うことで、複雑な建設現場のような場所での作業者のモーションデータを取得します。センサーが全身の30カ所にわたって作業者にかかる物理的負荷を認識し評価します。

この技術はリアルタイムでデータを取得しモデル作業者の動きとの比較を行うことで、作業を支援し、安全を保障し、健康管理を行い、製造業の最前線での効率を改善させることに貢献します。

記事全文:

2019年3月20日発表のDFKIのプレスリリース

記事全文の日本語訳