自動運転車の認証「TÜV」

© DFKI

TÜV SÜDとDFKIが、自動運転車のAIモジュールのためのプラットフォームを開発

技術モニタリングのためのドイツの組織であるTÜV SÜDと、ドイツ人工知能研究センター(DFKI)が協力して、自動運転車のAIモジュールの継続的評価を行う非専売オープン・プラットフォーム「Genesis」を作り上げました。

Genesisという名称は、今後人々の日常生活に多大な影響を及ぼすような知能システムの新世代の起源(genesis)を意味しています。 自動運転の安全性を確保する試みとして、DFKIとTÜV SÜDは必要となるAIモジュールの認証と、危機的な交通状況に関するAIのための教材を開発しました。 最終的な目標は、歩行者や自転車などの交通弱者を保護することです。

活動資金は連邦教育・研究省(BMBF)によるプロジェクト「REACT」(自動運転:危機的な交通状況における歩行者の行動に関するモデリング、学習およびシミュレーション環境)を通じて提供されます。

記事全文:

2018年3月2日発表のDFKIのプレスリリース

記事全文の日本語訳(DFKIの許可取得済み)